安くED治療をしたいならジェネリックを使う

投稿日:2017.10.29

EDとはペニスのコンプレックスを抱えてしまう症状であり、女性から愛撫を受けても無反応になってしまったり、なかなか勃起が始まらなかったり、ピストンをしている瞬間に突然萎えてしまう等、男性にとってかなり厳しい体調不良となります。

EDを治療するためには、ED治療薬を飲みましょう。
それが最善策であり、セックスを始める前に服用すれば、ペニスのコンプレックスが改善します。
ED治療薬を先に服用すれば、性的な刺激を受ける事できちんとペニスは立ち上がります。また勃起のスピードと品質の両方も改善します。
ピストンの真っ最中に突如して萎えてしまう事もなくなり、安心して性生活が送れるようになります。

ただ、ED治療薬は特別な有効成分を含む製品であり、値段が普通の大衆薬よりも高めです。
ED治療が出来るのは素晴らしいメリットですが、薬価が高いのが玉に瑕です。
お安くED治療をしたい方は、いわゆる新薬にこだわらず、ジェネリック医薬品を使いましょう。カマグラやメガリスなどのジェネリック医薬品であれば、非常に安価です。

新薬よりも非常にコストパフォーマンスが良く、飲み続ける事を想定するならカマグラやメガリスの方が安価で庶民のお財布に優しいです。
またカマグラは速攻型のED治療薬、メガリスは持久型のED治療薬とそれぞれ求める内容によって、適切なジェネリック医薬品を使い分けられますので、新薬と同じく男性個人のお悩みに合ったチョイスが出来ます。
ジェネリック医薬品の主成分はベースとなった新薬と同じです。
そのため、新薬と同じ効果と安全性を持っており、安価だからといって、効き目が薄かったり、副作用が激しく現れてしまったりする等のデメリットはありません。

新薬とジェネリック医薬品の効果と安全性は同等であり、製造するメーカーなどに違いが見られる程度です。
新薬の方が上、ジェネリックの方が下といった意見が、日本ではありますが、それは大きな勘違いです。

何故ジェネリックの医薬品のような薬が発売出来る?

何故ジェネリックの医薬品が発売されるのでしょうか。
その理由は様々ですが、一番は世間一般の人々から、より安価な医薬品を使いたいとの声が上がってきているためです。
特に医薬品はある意味で生活必需品なのに値段が高く、新薬はメーカー側の決められた値段からあまり下げられません。

その庶民の心の叫びを受け取ったジェネリック医薬品のメーカーが、新薬をベースにした安価な製品を、一般消費者向けに販売し始めたのが、最初のきっかけです。
新薬は薬価が高くお金を自由に使える富裕層なら平気ですが、一般消費者には厳しいです。
個人の経済状況によって、人々の健康に差が生じるのは良くない事であり、富裕層だけではなく、優れた医薬品の効果をより安く提供する事で、医療分野での経済格差を是正する、そういった目的でジェネリックの製造と販売はスタートしました。

絵画や音楽の世界と同様に、医薬品にもいわゆる権利切れというものがあります。
発売から長期間、経過した新薬は権利が切れるため、どの医薬品メーカーでも自由に、新薬の設計図を元にして同種のジェネリック医薬品が作れます。
権利が既に切れてしまった製品なら、各メーカーが新薬の開発元に権利のコストを支払う必要がなく、医薬品の製造に掛かるコストだけになります。

ジェネリック医薬品のカマグラやメガリスが安価なのは、新薬とは違い、医薬品の権利のコストが製造段階で掛かっていないためです。
安価な原材料が使われているのでは、効き目の弱い有効成分が使われているのでは等、ジェネリック製品には色々な誤解がありますが、要するに特許の費用が掛かっていないため、新薬に比べて安価な値段で発売されています。
繰り返しになりますが、ジェネリックの主成分は新薬と同種であり、得られる効果と安全性に差は見られません。
当然有効成分が同種なので副作用のリスクも同等であり、カマグラやメガリスのベースとなった新薬を愛用していた方なら、そのジェネリックに違和感なく乗り換えられるでしょう。